車のカスタマイズはどこまでOK?

カスタマイズに関する法律がある

  • ヘッダー画像
  • ヘッダー画像
  • ヘッダー画像

車をカスタマイズしてみよう

オリジナルのパーツ取りつける場合は、大きさの上限を知ってください。 軽自動車か普通自動車かによって、大きさが異なります。 自分が乗っている車が、どちらに含まれるのか把握しておきましょう。 間違って把握していると、本来はつけられないパーツをつけてしまいます。 続きを読む

車のサイズを最初に知ろう

既存の状態では、普通すぎておもしろくないかもしれません。
カスタマイズすること自体は、法律で認められています。
自分で自由に車をカスタマイズしようと思っている人は、どのような法律が決まっているのか調べてください。
取りつけられるパーツの大きさが、法律で決まっています。
車の大きさによって、パーツの大きさも異なると覚えておきましょう。
軽自動車はサイズが小さいので、取りつけられるパーツのサイズも小さくなります。

また車の、ライトの色を変えようと思っている人はよく注意してください。
変更できる色が決まっています。
この色にしたいと考えていても、法律で定められている色以外は使用しないでください。
もし法律で決まっていない色を使っていると、周囲の車を混乱させます。
すると事故が起こる可能性が高くなるので、非常に危険です。
ライトの色を変える際は、変更可能な色を事前に調べておきましょう。

タイヤの大きさを変えることもできますが、それも上限が決まっています。
上限を超えている大きさのタイヤを使うと、事故を招きます。
不正な車のカスタマイズをすると、危険な事故を引き起こすので絶対にしないでください。
オリジナリティを発揮するのは良いですが、法律はしっかり守りましょう。
また不正なカスタマイズをしていると、車検を通過できなくなります。
車の所有を維持できなくなるので、正当なカスタマイズを心がけてください。
法律に関して、詳しく知りましょう。

変更可能なライトの色を把握

ライトの色は、法律で個の色にしなければいけないと決まっています。 車の部分によっては、いくつかの色が決まっているので、その中なら自由に変更できます。 勝手に好きな色を使うことはできません。 法律で決まっている色を、必ず調べてからライトをカスタマイズしましょう。 続きを読む

タイヤも変更できる部分

好きなタイヤを見つけたら、変更しても構いません。 しかしタイヤのサイズも、上限が決まっています。 どのくらいまでの大きさなら装着できるのか、事前に調べましょう。 こちらも、車のサイズによって装着可能なタイヤの種類が変わります。 自分の車の大きさを知ってください。 続きを読む